マレーシアの大学を卒業後、マレーシアのIT企業に就職したIDCJの先輩の松木さんへのインタビュー!

マレーシアの大学を卒業後、マレーシアのIT企業に就職したIDCJの先輩の松木さんへのインタビュー!

Q:マレーシアの大学を選んだ理由は?

 A:マレーシアの大学を選んだ理由は主に3つです。

まず、高校での進路選択の頃からずっと大学も日本の外に出て学びたいと考えていたことです。大学留学と考えて思い浮かべていたのは欧米大学でしたが、あるきっかけで同級生のお母さまからマレーシアの大学はどう?と勧められたのがマレーシアへの留学を考え始めたきっかけでした。

二つ目はマレーシア留学の費用です。マレーシアへの大学留学について調べていくうちにマレーシアの物価、特に大学費用や生活費等を含めた留学費用が日本や欧米大学と比べてみるとマレーシアでの留学費用はかなり安く抑えられるというところもマレーシアを選択した大きな要素でした。

さらにマレーシアについて調べていくうちにその多様性に惹かれました。

マレーシアには様々な民族や宗教、文化が混ざりあって国を構成しており、東南アジアの中でも発展が活発な国だと知りました。高校時代には米国へ一時期行っていましたが、自分にとっては全く新しい欧米諸国とはまた違った形の文化がある環境に惹かれマレーシアへの留学を決めました。

 Q:大学生活の中で最も心に残る出来事、出会い、学びなどは?

 A:大学生ならではだとは思いますが、課題締め切り間近の切羽詰まった出来事は大学生活を通して得た今となっては友人と冗談のネタにできる思い出として残っています。

また、一時期一緒に住んでいたハウスメイトと夜中に近くのお店までデザートを買いに行ったりおしゃべりしたことは、そのような中でも時々ある暖かい思い出として残っています。

 Q:就職活動について、実際にどのような活動をされましたか?

 A:就職活動について、自分は日本とマレーシアで少しずつしました。

両国での就職活動はどちらも主にキャリアフェアへの参加やオンラインの募集掲載を通して行いました。日本では留学生向けのキャリアフェアなどもあり、色んな国で同じように留学をしていた学生に交じって参加し、とても緊張しましたが刺激的な体験ができたと思います。最終的に僅かながら、マレーシア及び日本での内定を頂き、最終的にマレーシアで就職をすることに決めました。

 Q:実際の仕事の様子(職場環境、同僚、生活リズム、住んでいるところなどなど)などを教えてください。

 A:現在の仕事はネットワークの監視等を主とした内容の仕事をしています。

 日勤、夜勤があり生活リズムについてはまだまだ慣れようとしている途中ですが、日本語と英語をバランスよく使いながら仕事ができる環境だと思います。また、住居について現在はCyberjaya内のコンドミニアムを借りて住んでいます。

ありがとうございました!