インターン生(小針)のブログ  海外留学するなら!! | 海外留学なら安くて質の高いマレーシア留学

インターン生(小針)のブログ  海外留学するなら!!

こんにちは!

 

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

早いもので、5月もとうとう終わりですね!

 

今回は留学についてのお話です。

 

先日のイベントの際にある参加者の方から

まずは自分の大学の留学制度をしっかり調べて

留学先の大学で取得した単位が認められるのかどうか、

費用はどのくらいかかるのか、など

を確認したほうがいいとアドバイスをいただきました。。

 

そこで私が通っている早稲田大学の留学プログラムを調べてみました!!

 

海外留学プログラムにはどんなものがあるのか?

スクリーンショット 2018-05-31 14.46.57

早稲田大学のホームページを見てみると留学センターというページがありました。

たくさんの情報が載っていますね。

 

まずはじめに考えなくてはならないのがどんなプログラムで留学をするのか。

留学センターのページを見てみると様々な種類のプログラムがあります。

スクリーンショット 2018-05-31 14.47.51

中・長期のプログラムやゴールデンウィークなどの超短期でのプログラムなど

さらにはインターンシップ・フィールドワーク型プログラムなんてものもありました!

 

また、中・長期プログラムの中にも留学先の大学と早稲田大学の二つの学位が取得可能なコースや

語学特訓に特化したコースなどがあります。

スクリーンショット 2018-05-31 14.50.30

短期のプログラムの中にはマレーシア留学もありました!!

入学したての1年生を対象にした国際文化交流プロジェクトのようです。

 

費用について

詳しい費用はプログラムによりますが、

中・長期となると学費・生活費合わせて250〜600万円程度かかると記載されています。

 

やはり大学からの交換留学プログラムであっても

特にアメリカやイギリスなどの欧米に行くとなるとかなり高いお値段になるようです。

 

先日僕の友達がこの夏からスウェーデンに自費留学をするという話を聞きました。

北欧諸国の場合にはかなり費用が抑えられるといいます。

 

語学面の準備

早稲田大学の留学センター設置の留学プログラムでは

ほとんどの場合語学力測定テストのスコアの提出が求められます。

スクリーンショット 2018-05-31 14.52.21

また、TOEFL®テストのスコアが要件となっている留学プログラムで留学しようとする場合、

原則として留学開始時の1年以上前には、すでに各プログラムが要求するスコアをもっている必要があります。

 

そのためかなり早い段階から準備を始めなくてはいけないようですね。

 

さらには普段の授業でのGPA(成績評定)が学内選考の際に必要となります。

その結果によっては、行きたい留学先に必ずしも割り当てられるとは限らないのです。

 

海外留学したいけれどお???の問題でなかなか難しい。。。

語学力が不安。。。

語学学習だけでなく他のアクティビティにも取り組みたい。。。

 

そんなみなさんには弊社のマレーシア留学プログラムをお勧めします!!!

Print

マレーシア留学は欧米留学の約3分の1のコストで済み、

イギリスやアメリカの大学のカリキュラムを受講することができます!

 

また、様々な国や宗教や民族の方々が入り混じって生活しているため

日本では経験することのできないたくさんの文化を肌で感じることができます。

 

そして何より現地での問題解決やグループワークを通して、

自分の意見や考えを英語で伝えるという部分を大切にしています。

 

是非みなさんマレーシア留学を考えてみてはいかがでしょうか?

 

詳しくはこちらのURLまでどうぞ!!

https://idcj-ryugaku.com/support