IDCJマレーシア留学サポーターブログ(KDU大学日高編)~スマホのアプリ~ | 海外留学なら安くて質の高いマレーシア留学

IDCJマレーシア留学サポーターブログ(KDU大学日高編)~スマホのアプリ~

こんにちは!KDU大学の日高です。

スマホは留学しても使いますが、使うアプリは日本とは少し違ってきます。そこで今回は、留学すると確実に使う(であろう)アプリ2選をお伝えします。

 

1.WhatsApp

日高さんブログ写真1

1つ目はチャットアプリです。日本でいうLINEですね。

LINEはこちらではあまり使われていません(日本人同士で使うことはあると思いますが)。

 

WhatsAppとLINEの違いは個人的に2つあり、1つは引用機能があること。1つのテキストに対して個別に返信できます。

日高さんブログ写真2

見返せば何に対する返信かは分かるはずですが、このように引用するとすぐわかりますし大事な確認であれば安心して返信できます。

 

2つ目は既読機能をオフにできることです。

日高さんブログ写真3

本来テキストが読まれればチェックマークは青色になりますが、設定からオフにするとこのように表示されなくなります(ただグループチャットの際は必ず既読機能はオンになります)。

 

このWhatsAppは、留学すると99%使うことになると思います。なぜなら、クラスでチャットグループが作られたり、グループ課題があるとそのグループでチャットグループが作られ、そこで連絡しあったり話し合ったりするからです。無いと授業で困ると思います。

電話番号をIDとして使うので、現地に来て電話番号を入手してからインストールしましょう。

 

2.Grab

日高さんブログ写真4

2つ目は配車アプリです。料金は予約するときに画面に表示されるので、ぼったくられる心配もありません。

 

Grabのような配車アプリのメリットは、時と場所を選ばないことです。いちいち駅や乗り場まで行かずにその場で予約し、予約が確定されると今どの位置までその車が来ているのか確認できます。対して電車・バスのメリットは、料金が抑えられることです。

配車アプリは基本的に公共交通機関に比べて割高ですし、予約状況によって値上がりすることがあります。

 

生活でも、授業でもアプリを使いこなすと、とても便利ですね。

いち早く現地の生活に慣れるためにも、どういうアプリが人気でよく使われているかを、留学前にリサーチしておくと安心ですし、良いと思います。

 

ではまた次回のブログをお楽しみに!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さんの夢をぜひマレーシアの大学で叶えませんか?

個別カウンセリングは随時受け付けています!

少しでもご興味がある方、詳しくは弊社HPをご覧ください。

https://idcj-ryugaku.com/

皆様のお問合せをスタッフ一同お待ちしております。