IDCJマレーシア留学サポーターブログ(APU大学浜崎編)~学部での勉強~ | 海外留学なら安くて質の高いマレーシア留学

IDCJマレーシア留学サポーターブログ(APU大学浜崎編)~学部での勉強~

こんにちは!APU大学の浜崎です。

実は最近、私はブログのアップを定期的にできていません。甘ったれているのか!と言われるかもしれません…。しかし言いたい、課題と試験で一杯一杯になっていました!さて今回はその言い訳かの如く、私の学部の勉強について書かせて頂きたいと思います!

前のブログでも書かせて頂きましたが、私はAPU大学でProduct Designを専攻しています。マレーシア留学の前にIDCJさんからいただいた情報やネット上の情報では、マレーシアではグラフィックデザインやインテリアデザインなどは多くの大学にありますが、プロダクトデザインがある大学は一つか二つほどしかありません。この学部では、家具も含め日常生活や娯楽で必要な物を創造するデザイナーになるための勉強ができます。ここでいうデザインというのは、柄や形の奇抜さや目立つかどうかではなく、どのようならばより生活を快適にでき楽しめるかということです。

 

浜崎さんブログ1

さて、これは私の時間割です。週に四日授業があり、一日二コマもしくは三コマです。五種類の授業があり、それぞれ別の教授に教えてもらっています!一つはデジタルデザインと呼ばれる授業でパソコンのソフトウェアを使い、物をヴィジュアル化しています。二つ目は産業やデザインの歴史や考え方などの知識を教わっています。ここではエッセイの課題が多いです。その次はコアスキルといい、今は主にデッサンつまり自分の手で物を表現する技術を学び練習しています。下の画像はその授業で描いた棚です!マーカーというペンを使い木目や影を表します。

浜崎さんブログ2

 

そして四つ目は、製品を作っていく過程を実践的に行う授業です。例えば今はボードゲームを作る課題が与えられています。目的はマレーシアで売れるボードゲームを作ることなので、この課題は町に出てそこにいる人やその場所の特徴を観察することから始まります。その後は三人組で試行とアイディアを重ねながら進んでいます。授業以外の時間でその三人組で考えて、教授はその過程に対するアドバイスや進み方を教えてくれます。先週はこの課題の終盤で、モックアップと呼ばれるサンプルをつくる作業をし、試しにやってみました!これがその時の様子です!

浜崎さんブログ3

このように知識や技術を使い課題を提出しそれが成績になるので、この学部では筆記試験はありません。唯一筆記試験があるのが、五つ目の授業であり全ての学部の共通授業であるマレーシアの歴史や社会、また言語の授業です。これを受けることを国に定められています。

 

これらが私のブログが不定期になってしまった言い訳です!毎日楽しく夢に向けた勉強ができています!この学部に興味を持っていただけたら嬉しいです。

また、マレーシア留学に興味をもっている方の力になれることを目指し、楽しんで今後も投稿させて頂きます!

それではまた次回のブログでお会いしましょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さんの夢をぜひマレーシアの大学で叶えませんか?

マレーシア提携大学スタッフによる個別相談・留学説明会を開催致します

①3月22日(木)10:30~12:00 大学名:HELP大学
②3月23日(???)13:30~14:30 大学名:APU大学
③3月27日(火)10:30~11:30 大学名:INTI大学

少しでもご興味がある方、詳しくは弊社HPをご覧ください。

マレーシア提携大学スタッフによる個別相談・留学説明会

皆様のご参加、お問合せをスタッフ一同お待ちしております。