インターン生ブログin IDCJ ㊾ インターンシップ終了 | 海外留学なら安くて質の高いマレーシア留学

インターン生ブログin IDCJ ㊾ インターンシップ終了

IDCJにインターン生として勤務してからはや三か月、ついにこの日がやってきました。今日がこのインターンシップ最終日、三か月という時間はまるで新幹線のごとく過ぎ去っていきましたね。このブログとも今日でお別れとなります。今まで読んでくださった方々、本当にありがとうございました。総投稿数49回、中途半端ですね。ともあれこのブログを通して様々なことを学んだということは事実です。毎日書くということ、ネタ切れへの恐怖、時事ネタ探しなど、普段することのない経験だったと思います。ふと気づけば毎日のように暑い暑いと書いていた8月がとても???かしいです。今となってはまるで冬さながらの寒さですからね。“秋の日は釣瓶落とし”のことわざ通り、あんなにも長かった日は、今ではすぐ真っ暗になってしまいます。

この三か月間、国際開発センターマレーシア留学プログラムにインターンシップ生として働き、実際の職場で多くのことを学ぶことができました。会社の仕組みやマナー、業務計画の立て方、マーケティングなど、普段自分が大学で学んできたことを実社会で実践できたのは非常に良い経験になりました。イベントの広告を出した際も、最初の計画で、ターゲット層の設定、ポスター全体のデザインや文言の編集、印刷方法など、一枚のチラシを作るだけでこんなにも多くのプロセスを踏んでいるんだなということを改めて実感しました。そして何より、自分たちがよく見かけるチラシ一枚の価値を理解することができました。

これからマレーシアに帰り、もう一年間大学生を続けることになりますが、ここで実践し学んだことは自分がこれから成長していく中で大きな意味を持つと考えています。それは勉強面だけでなく、個人としての成長でもあります。留学生活中に学んだこともたくさんありましたが、今回このインターンシップで学んだこともそれらに負けないくらい価値のあるものだったと思っています。

ずっと学生として生活してきましたが、社会に出るということがいかに大変かということを改めて実感する良い機会になりました。三か月という長いようで短い期間でしたが、このインターンシップは非常に内容の濃いものだったと思います。

ここで出会った方々、お世話になった方々には本当に感謝しています。そして今までこのつたないブログを読んでくださった読者の皆様にも今一度感謝の思いを伝えたいと思います。

今まで本当にありがとうございました。

そしてこれから留学をする皆さん、マレーシアでぜひお会いしましょう。

田島廉太郎