インターン生ブログin IDCJ ㊸ これからのマレーシア3 | 海外留学なら安くて質の高いマレーシア留学

インターン生ブログin IDCJ ㊸ これからのマレーシア3

フェイクニュースという言葉が一時世の中に出回りましたが、インターネットが普及した今、誰でも簡単に嘘の情報を流せるようになってしまっているのが怖いですね。首相の発言を全く違う意図として公開したり、人を陥れるための編集をしたり、、という事例は前からあったようです。その事に関して情報をあまり持っていない人からすればニュースは真実である、と思い込んでしまう事もあるので、恐ろしいことです。情報社会に生きる身として、誤った情報に左右されないようにしなければいけないな、と痛感している田島です。

MYR

今回も前回に引き続き「これからのマレーシア」というテーマでお送りしたいと思います。

マレーシアの通貨はマレーシアリンギット(表記はRM)ですが、この通貨価値は近年で大きく変動しました。2013年から2015年までは1RMあたり平均で30円ほどをキープしていたのですが、筆者がマレーシアに渡り半年後、通貨価値は26円台まで暴落、その後も停滞を続け2016年後半にはなんと24円台まで落ち込みました。

kjh

このリンギット安は日本人留学生にとっては非常にありがたいことなのですが、現地のマレーシア人たちや輸出入を扱う人間にとっては大問題です。同時期に落ちたエジプトポンドも衝撃でしたが、現地にいる身としては通貨の価値は経済に非常に大きな影響を与えるということを実感しました。

要因としては、原油の価格下落(現在はOPECによる減産で上昇に転じている)や、アメリカのトランプ大統領就任によるアメリカ積極財政が強く影響していると思われます。しかし、現地のマレーシア人に通貨の話を持ち掛けると大半は“プライムミニスターが原因だ”と言います。現在のプライムミニスターはナジブ・ラザックという方で、2009年から今までずっとこの役職についています。

今後のマレーシアリンギットの推移としては、2017年、2018年と、少しずつ経済面での回復が見込まれると予想されています。通貨が急激に上がるということは今後ないと思いますが、徐々に上がる傾向にはあると思います。

5

追記ですが、10月15日(日)に弊社でマレーシア留学フェアを実施します!

今回は通常の留学説明会に加え、国際開発コンサルタントによる講演会や、現在インターンシップ生としてマレーシア留学プログラムで働いているAPU大学の学生(筆者)の大学生活やマレーシアのプレゼンテーションを行います。マレーシア留学をもっと知るチャンスです!

そして年末12月24~28日の3泊5日でマレーシア大学見学ツアーを実施します!百聞は一見に如かず、ともいうように、大学は実際自分の目で見て決めるのが何と言っても一番です!保護者の方と一緒でのご参加も可能です。この機会にぜひ、マレーシアの大学を自分の目で見てみてください!

お申込はコチラから!

12月24日(日)~28日(木)3泊5日 マレーシア大学見学ツアーを行います!