インターン生ブログin IDCJ ㊶ これからのマレーシア | 海外留学なら安くて質の高いマレーシア留学

インターン生ブログin IDCJ ㊶ これからのマレーシア

こんにちは、田島です。

dfgh

さて、筆者は国際開発センターのマレーシア留学プログラムで3か月間のインターンシップをしてきていますが、なんと今日を含め働くのは残り8日間!時が経つのは本当に早いものです…。2か月半ブログを書いてきましたが、改めて自分の留学している国、マレーシアを見返す良い機会になったと思います。

そこで!

このインターンシップの集大成として、今日から最終日まで、”これからのマレーシア”というテーマでブログを書きます。今まではマレーシアの文化、食べ物、観光地等についてお伝えしてきましたが、今日からは、これから先の「未来のマレーシア」についてお届けしたいと思います。

Malaysia

今までは途上国のイメージが強かった東南アジアの国、マレーシア。

先週、インターンシップで来ていた高校生たちからも聞いて実感したのですが、やはり日本人からの印象の中には「熱帯雨林に覆われた貧しい国」というものが未だに一部あるようです。実はKL市内は、高層ビルやショッピングモールなどが建ち並び、非常に栄えた日本や欧米諸国と変わらないような街なのですが、ほとんどの日本人はその事実を知りません。このイメージは、実際に現地に行ってみて、体験してみなくては、なかなか払拭するのは難しいでしょう。

Cityscape with railway and high office buildings in Kuala Lumpur, Malaysia

“首都だけ栄えているのか”と思われる方もいらっしゃると思いますが、マレーシアでは現在、国を挙げて多くの地域で都市開発を行っており、至る処で建設が進み、町が出来上がっています。もちろん、マレーシアには雄大な自然もありますので、想像通りの景観も見ることができます。ですが多くの街並みや人々のライフスタイルも変わってくるのではないでしょうか。

日本も戦後の大成長を遂げたように、マレーシアも今後飛躍的な成長が期待されています。そんな国、マレーシアで大学生活を送るということは、自分にとっても刺激的で、大きなつかむことのできる良い機会なのではないでしょうか?

 

 

5

追記ですが、10月15日(日)に弊社でマレーシア留学フェアを実施します!

今回は通常の留学説明会に加え、国際開発コンサルタントによる講演会や、現在インターンシップ生としてマレーシア留学プログラムで働いているAPU大学の学生(筆者)の大学生活やマレーシアのプレゼンテーションを行います。マレーシア留学をもっと知るチャンスです!

そして年末12月24~28日の3泊5日でマレーシア大学見学ツアーを実施します!百聞は一見に如かず、ともいうように、大学は実際自分の目で見て決めるのが何と言っても一番です!保護者の方と一緒でのご参加も可能です。この機会にぜひ、マレーシアの大学を自分の目で見てみてください!

お申込はコチラから!

12月24日(日)~28日(木)3泊5日 マレーシア大学見学ツアーを行います!