インターン生ブログin IDCJ ㉙ マレーシアの観光地編 Bukit Bintang | 海外留学なら安くて質の高いマレーシア留学

インターン生ブログin IDCJ ㉙ マレーシアの観光地編 Bukit Bintang

新型のiPhone Xモデルが先ほど公開されましたが、携帯電話の進化は恐ろしいですね。今やパソコンは必要なくなってしまったのではないかと思います。これからもApple社が素晴らしい新作iPhoneを出していくことを期待しています、と言いながら実は非iPhoneユーザーの田島です。

今回も前回に引き続き観光地編をお送りしたいと思います。

今日の行き先はコチラ!

bb

マレーシアの繁華街、Bukit Bintangです!

クアラルンプールの中でも最も栄えているとも言えるこの街は、観光客と買い物客で年中にぎわい、多くのショッピングモールやレストラン、屋台などが集まっています。

中でもPavilionという高級モールは、ブランドをはじめとする店頭が多く並び、買い物客が最も楽しむことができる場所として有名です。モールの一部にはTOKYO Streetと呼ばれる日本食レストラン街があり、日本食が好きなマレーシア人が多く訪れています。僕もマレーシア留学中に日本食が恋しくなると、このモールの日本食屋によく行きます。Bukit Bintangのエリアにはホテルが多くあるため、観光客はそのエリアのホテルに泊まることが多いようです。

AEQvVSEK

実はこのBukit Bintang、ただのショッピング街だけでなく、多くの有名企業がオフィスを構えている街でもあり、マレーシアのLCC航空会社、エアアジアのヘッドクォーターがあることで有名です。モノレールのBukit Bintang駅を降りてすぐ目の前に見えるのは大きな赤いエアアジアの看板です。

そして夜のBukit Bintangはオフィス街から一転、一番有名なアロー通りでは200mに渡り、屋台が連なる風景が現れます。マレーシア料理、中華料理、インディアン料理、アラブ料理と数多くの屋台が並んでいるため飽きることがないのがうれしいところです。観光、買い物の町でマレーシアの屋台雰囲気が存分に楽しむことができるのはこのBukit Bintangだけではないでしょうか?

5

追記ですが、10月15日(日)に弊社でマレーシア留学フェアを実施します!

今回は通常の留学説明会に加え、国際開発コンサルタントによる講演会や、現在インターンシップ生としてマレーシア留学プログラムで働いているAPU大学の大学生(筆者)の大学生活やマレーシアのプレゼンテーションを行います。マレーシア留学をもっと知るチャンスです!マレーシア留学の話だけでなく、上記のような観光地や気になるマレーシアあれこれにもお答えいたしますので、ぜひこの機会に足を運んでいただければと思います。