インターン生ブログin IDCJ ④マレーシアあれこれ 物価編 | 海外留学なら安くて質の高いマレーシア留学

インターン生ブログin IDCJ ④マレーシアあれこれ 物価編

昨日帰国後久しぶりにまともな運動をしたのですが、三分ほどの軽い運動ですでに足がプルプルしてギブアップしかけた運動不足の田島です。

物価が安い!!という印象の強い東南アジア諸国ですが、シンガポールを除いたほぼすべての東南アジアの国々の物価は日本に比べて低いのは事実ですね。今日はマレーシアの物価事情をシェアしていきたいと思います。

日本の通貨は日本円、通貨コードはJPYと普段使っているため金銭感覚がしっかりしていると思います。日本で買い物をするときは一目で何が高い、安いかすぐわかりますね。しかし日本以外のどの国に行っても必ず気になるのが外貨レートですよね。その国の通貨が日本円でどのくらいなのかというのは気になるところかと思います。

マレーシアの通貨はマレーシアリンギット、通貨コードはRMで今日現在(2017年8月3日)のレートは1RM=25.84円となっております。つまりマレーシアで1RMで売っているものは大体26円前後だということです。

とはいえ現地に赴いていないと、レートがわかっていても物がどれくらいで買えるのかはわかりませんよね…。ではいろいろと生活必需品等の物価を挙げてみましょう。

やはり何といっても最初は食費でしょうね、毎日食べないといけませんから。食費に関してはまちまちなのですが、基本的に一般の学生が食べるものの値段を上げていきたいと思います。普段僕が食べている食事は大体一品5RMから8RM(追加で果物や飲み物を含んでいるので一色大体の平均が10RMほど)、日本円に換算すると130円から210円前後となっています。これは一般の大衆料理屋で食べた場合で、レストランやファストフード店で食べた場合は倍の値段がかかるとみてもいいでしょう。どちらで食べたとしても日本に比べると安いですね。

その他生活必需品(洋服、靴、洗面具、浴用品)はどうでしょうか?僕はあまり買い物が得意な人間ではないので、安いかどうかの判断は難しいのですが、以前マレーシアに一年間留学していた日本人女性曰く、非常に安いそうです。もちろん値段もピンキリですので、すべてが安いとは言えないのですが、日本に比べて値段が低いというのは事実だと思います。安い洋服ですと15RMから25RMほどで買えます(ブランド物等はニセモノの可能性もありますのでご注意を)。

安い安いと思っている物価ですが、油断は禁物です。まだあると思っているとすぐに手元を離れていくのがお金ですから。

A

田島