2019年春休み短期留学プログラム@マレーシアUTAR大学 ツアーレポート⑥8日目

2019年春休み短期留学プログラム@マレーシアUTAR大学 ツアーレポート⑥8日目

パンコールアイランドツアー

今日は待ちに待ったパンコールアイランドツアーの日でした。

全員体調も万全、天気もよし、楽しむしかない一日でした‼

朝8時半に出発し、約1時間半バスに揺られて船着き場に到着。そこで45分待って(お買い物をしていました)フェリーで島に向かいました。

到着後はタクシーでビーチツアーの拠点まで移動し、ランチを食べました。

生野菜、いんげんのニンジンの炒め物、イカのカレー炒め、川魚の丸揚げ甘酢あんかけ、フライドチキン、デザート、、、お昼から豪華でした。

腹ごしらえした後は、ボートに乗ってアイランドホッピング、スノーケリングを楽しみました。スノーケリングのスポットは透明度が低かったものの、トロピカルフィッシュを沢山見ることができました。

男子はバナナボートも楽しみましたね。

 

お買い物

カンパーに戻る途中の町で夕食をとりましたが、たまたまレストランの向かいに1.9リンギットショップ(日本円で50円均一ショップ?)があり、近くではフリーマーケットが行われていたので夕食前に買い物をすることにしました。

50円でこんなものが買えるの!というくらいクオリティーの高いものもありました。(日本のダイソーのような感じです)今回同行して下さっているマッキー先生は、イースターグッズを沢山買っていました!

フリーマーケットでも、マレーシアの人たちはみんなフレンドリーでよく話しかけてくれました。買わなくても試食だけしていったら?と本当に優しいです。

 

振り返りセッション(短期留学プログラムのまとめ)

明日がいよいよ最終日です。

朝早くKAMPARを出発し、一日KL(クアラルンプール)市内観光&大学見学(KDU大学)です。そして深夜便で日本に帰国します。

まだ残り一日ありますが、これまでの留学プログラムのまとめと、成田空港で宣言したことに対する達成度を発表してもらいました。

ある人は「30%程度しか達成できた感じがしない。もっと自分から英語で話しかけたいがなかなかできない、、、」。

ある人は「80%ぐらい達成した感じがする。マレーシアに来て数日はなかなか英語を聞き取れず、自分から話すこともできなかったが、日を追うごとにできるようになった。未達20%を日本に帰って勉強して頑張りたい。また機会があったら参加したい」

などなど、みんな自分ができたこと、今後のやるべき課題をきちんと認識できていました。それが大事ですね。

このプログラムは観光目的ではなく、自己成長プログラムです。

10日間自分と向き合い、個人の成長に取り組むための様々なアクテビティが用意されています。英語力だけではなく、一人一人の人間性を高めるためのプログラムです。自分自身と他の人への理解、安心感や喜びなど、毎日の振り返りを通して自分を見直すことで可能性が広がります。このプログラムで得られるものは、人生のあらゆる場面において役立つものとなるはずです。

一度マレーシアには行ったから、もういいや、、、ではなく、リピートして参加するとより学びも深まりますし、沢山の気づきを得られます。

ぜひ今年の夏休み、または来年の春休みにも参加してほしいです。