2019夏休み短期留学プログラム@マレーシアUTAR大学 ツアーレポート②3日目

2019夏休み短期留学プログラム@マレーシアUTAR大学 ツアーレポート②3日目

今日はマレーシア祝日、広大なキャンパスで我々だけが授業を受けていました!

3日目の今日は、マレーシアの祝日で大学はお休みでしたが、我々だけのために午前中は英語の授業、午後はSDGsのスペシャルワークショップをUTAR大学の先生にしていただきました。

3時間のSDGsのワークショップは素晴らしい内容でした!

前半はコミュニティーサービスとは?➡日本でどんなコミュニティーサービスをしたことがあるか?という質問から始まり、SDGsの概念を中高生でも理解できるようにわかりやすい事例を途中動画などを織り交ぜながら説明してくれました。

後半は、国連総会で採択された2030年を目標とした「持続可能な開発のための2030アジェンダ」について、世界を変えるための17の目標を一つ一つ例を挙げてくれて説明してくれました。

国家レベルから、小学生、中学生、高校生でも今からすぐできることまで、、、「なぜ大切か」は、なぜこの目標が設定されたのか、何が問題となっているのか、取り組まなかったらどうなるのか、私たちには何ができるか?を考えるきっかけとなりました。

金曜日には、マレーシアのセカンダリースクール(中高)に訪問しますが、その際にも≪サイバーブリング≫という問題について、現地の中高生と共に我々が出来ることを考えます。

夕食と振り返りセッション

夕食はカンパ―の街のレストランでマレー料理を食べました。

辛いのが苦手な生徒もいるので、辛さ控えめのメニューにしてもらいました。

とてもおいしかったです!

夕食後は、今がシーズンで街のあちこち(路上)で売っているKING OF FRUITの『ドリアン』を食べることに!ドリアンはにおいが強烈なため、宿舎(ホテルなども)には持ち込めません。

外で食べるしかないので、買ってすぐにカットしてもらいその場で試食、、、

採りたてで新鮮なドリアンは美味しい~。においも臭味もなし!

みんな噂でいろんなことを聞いていたので、試食を躊躇してしましたが、食べてみると「へえ、、、美味しい」という感想。

以前ドリアンを食べて苦手意識があった先生も、ちょこっと試食すると、、、「全然違う、美味しい」と!

明日も食べる予定です!

1キロ(小さめのドリアン一つ)200円~300円でした。(安い!)

その後、宿舎に戻り恒例の「振り返りセッション」、今日も全員が笑顔で「とっても楽しい一日だった!昨日まで出来なかったことが今日は出来るようになった!」という嬉しい発表が続々、、、

明日も元気に100%楽しみましょう!