2019夏休み短期留学プログラム@マレーシアUTAR大学 ツアーレポート⑤7日目

2019夏休み短期留学プログラム@マレーシアUTAR大学 ツアーレポート⑤7日目

タイピン&イポーツアー              

今日はカンパ―から車で約2時間離れているタイピンと街にある、マレーシアで一番古いコーヒー焙煎工房、アントン・コーヒー(安東珈琲/Auntung coffeemill)を訪問しました。

マレーシア最古のコーヒー焙煎工場で1933年創業。街の中心部から車で3分、昔ながらのスタイルでコーヒー豆を焙煎しています。マレーシアはイギリスの歴史が残っている国ですが、意外にも紅茶ではなくコーヒー文化が強く根付いています。コーヒー豆の焙煎方法が特徴的で、日本で飲むコーヒーとは違う独特の風味をたたえています。工房のすぐ隣にある直売所では、数種類(10種類ぐらい?)のコーヒー、紅茶のテイスティングができます。マレーシアらしくドリアンフレーバーコーヒーもありました!

生徒たちは全種類試飲し、気に入ったものをお土産に買っていましたね。

WEILホテルでのブッフェランチ

タイピンから車で一時間、ペラ州の州都イポーに到着すると、まずは4つ星ホテルのWEILホテルでのビュッフェランチ!

前菜からデザートまで美味しいものが沢山並んでいて、すべて食べたい、、、

最初からケーキをとっていた子もいましたね。

イポーシティーツアー

お昼の後はホテルに隣接しているショッピングモールでお買い物。

その後は、イポー駅周辺の歴史的な建造物をプロのガイドさんが案内してくれました。

19世紀に錫(すず)の産出によってマレーシアで一番栄えた街「イポー」は、イギリスの植民地時代に建てられた美しい建築物が当時のままの姿で残されておりレトロな景観を作り出しています。

世界史を習っている高校生にとっては、かなり興味深い内容だったのでは、、、?

明日はパンコール島ツアーです。

全員元気にシュノーケリングを楽しみたいですね!