2018年夏休み短期留学プログラム@UTAR大学 ツアーレポート①~出発~

2018年夏休み短期留学プログラム@UTAR大学 ツアーレポート①~出発~

201881日、中学1年生から大学1年生まで18名の生徒と、3名の英会話教室の先生、

そして私CHEESEの合計22名は朝8時に成田空港に集合し、

今日から始まる810日間のプログラムをスタートしました。

今回の参加者は関東近隣だけでなく宮城県、長野県、奈良県からも前泊入りで参加してくれています。

 

IDCJの短期留学プログラムは大きく宣伝をしていないので、過去の参加者からのご紹介や、

たまたまWEBサイトで見つけてお電話でプログラムの趣旨説明を聞いたら「ピンときた!」と仰って

即決で参加を決めてくださった方が多いです。本当に有難いです。

 

このプログラムは単なる「英語研修」や「異文化体験、観光」ではありません。

参加者一人一人が明確な目標設定をしたうえで、それを達成するために自己成長に挑むプログラムです。

IDCJならではのグローバル人材育成を目的とした、特別な短期留学プログラムとなっています。

 

前置きが長くなってしまいましたが、本日から10日間、参加者の生徒たちはどのような活動をし、

どんな気づきを得て成長しているか、、、をレポートしていきたいと思います。

 

~初日のレポート~

成田空港集合時には、すでに78日に行った事前オリエンテーションで

グループディスカッションなどをしているので、仲間とはすんなり打ち解けていました。

男子9名、女子9名(たまたま男女比が同じになりました!)年齢も、学校も異なりますが

みんな仲良く話し、搭乗までの時間はあっという間に過ぎました。

 

荷物を預け、税関に入る前には全員でお見送りに来てくださったご家族の前で「目標宣言」をしました。

「私はこの10日間で●●ができるようになりたい…」ではなく「●●ができるようにします!」と言い切り、

自分の言葉に責任をもってこれからの10日間を過ごすように話しました。

 

一人ずつ「目標宣言」しています。

みんな真剣な顔ですね。

マレーシア行ってきま~す!

機内ではみんな朝早かったので疲れているのか、ほとんどの参加者は寝ていました。

 

7時間のフライト後、マレーシアの首都クアラルンプール国際空港に到着しました。

初めてマレーシアに来たという生徒がほとんどでしたが、

想像以上に大きくきれいな空港に少々ビックリ?の様子でした。

入国手続き、荷物ピックアップ後、外に出るとUTAR大学の職員、大学生ヘルパーが出迎えてくれました。

いつもと変わらず「あたたかいおもてなし」に、ほっこりしました。

 

空港内のBURGAR KINGで軽食をとり、

大型バスでUTAR大学のあるKAMPARの町まで約3時間バスで移動しました。

バスの中でもみんなぐっすり寝て、

23時頃(日本時間だと深夜0時)に滞在先であるWEST LAKE VILLAに到着しました。

クタクタではありますが、それぞれのお部屋に荷物を置いて、

シャワーの使い方、鍵のかけ方などを確認してやっと就寝、、、。長い一日でした。

 

明日から始まる英語の授業はじめ、様々な活動を元気に100%の力で取り組めるようにしたいですね。

 

それでは、また明日、、、