現地留学生サポーター笹本さんのブログ:マレーシアでの中華料理

現地留学生サポーター笹本さんのブログ:マレーシアでの中華料理

みなさん、こんにちは!現地サポーターの笹本です。

 

2回目のブログである今回は、

マレーシアで口にすることのできる料理を紹介していこうと思います!

 

マレーシアの魅力的なところは、多民族国家だというところです! 

これは人種・宗教などの様々な文化を指しますが、

食事においても同じで、マレーシアでは様々な国の食事を体験できるんです!

 

まず今回は、中華料理についてご紹介します~!

中華料理といえば、やっぱり餃子~!炒飯~!

しかもこの餃子は、なんと手作り!

中国人のハウスメイト達が、生地からこねて作っていました!

さすが本場…(笑)

 

味はもちろん美味しいですし、

中国の子は本当に辛いものが好きなのか、タレにまで香辛料を入れていました。

 

そしてなんといっても、皮がもっちもち!!!!!

 

しかも水餃子なので、よりプリプリしているんですよ!

そのうえ小麦粉から作っているので、

1個1個のボリュームがすさまじい・・・

 

これならご飯がいらないのも、納得です(笑)

 

そして中国の餃子には、運試しのロシアンルーレットがあるそうです。

ご存知でしたか?

 

中国の水餃子でロシアンルーレット!

後ろのお皿に入っている、黄色や茶色の種の様なものが見えるでしょうか?

 

確かこれは銀杏か何かで…。

これを餃子の中に入れて、当たったらいいことがあるみたいです!

 

日本でも試してみたら、楽しいかもしれないですね!

 

ちなみに150個作った中で4個に入れた結果、

なんと私は3個も当たりました!なにかいいことあるかなぁ~~

みんなでワイワイ火鍋!!

 

そして、2つ目に紹介するのは火鍋です!

 

日本でも最近名前を聞くことが多いのではないでしょうか?

 

火鍋を注文する際には、まずスープの辛さのレベルを設定します。

全く辛くないものから、スープが赤黒く煮えたぎるほど辛いレベルのものまで

2種類まで選べます。

 

そのあと、紙にお肉や野菜などを注文していきます

 

ここでいちばん美味しいのは。

半透明の色をした、こんにゃくのような麺です!

 

文章で書いても伝わらないのですが、()

火鍋のスープの味がしみこんで、誰もがやみつきになります!

 

あとはひたすら煮るのみです!()

寄せ鍋というよりは、しゃぶしゃぶのように

みんなが食べたいものを、好き好きに入れながら食べます

 

だからお箸も長いんですね~

 

そして火鍋はなんといってもタレが重要!

 

生姜やらネギやら香辛料やらを、ごま油のようなものと混ぜ、

それにつけて食べるんです

このタレのセレクトも、地域性があって面白いですよ!

 

そして日本の鍋と違うのは、炭水化物のしめがない点です

そのかわり私の友達は、最後の方にじゃがいもを食べます

 

驚く方も多いかもしれませんが、これまた火鍋に合うんです!

スープの味がよくしみて、ほろ~っとしていて…

 

百聞は一見にしかず、

ぜひ中国の方と一緒に火鍋を食べに行ってみてください!

 

今回はマレーシアで食べられる中華料理をご紹介しました。

 

みなさんのイメージする中華料理と同じでしたか?

それとも全く違ったでしょうか?

 

沢山の文化を学び、経験できることも

マレーシア留学、生活の良さです!

 

次回はアラビックフードについてご紹介します~