マレーシアのスーパーで買い物前に知っておくべき事

マレーシアのスーパーで買い物前に知っておくべき事

マレーシアはイスラム国家。イスラム教の方は、豚肉やアルコールを口にする事は禁じられています。豚肉を食べなければいいんでしょと簡単に考えがちですが、豚肉エキスの入った調味料もダメ、料理にアルコール使ってもダメ、豚肉を調理した鍋や包丁を使ってもダメと想像以上に厳しいため、外食の際にはその料理を食べていいものかどうかの見極めが非常に難しいです。そのため、こうした禁止食材を使ってないという証明となる「ハラル認証」というのがあり、ハラル対応しているレストランの店頭にはこちらのマークが掲げられています。

マレーシア生活、ハラル

ハラル対応の店であるマーク


またスーパーでは、ノンハラルコーナーが別に設けられており、豚肉やお酒はそこでしか購入できません。私も過去に間違えて豚肉をカートに入れたまま通常のレジに並んでしまったところ、ノンハラルコーナーで精算するよう注意されました。イスラム教の方は、豚肉を食べないだけでなく触る事すら嫌がるようです。(食べないけど触ったり、料理は出来るという方もいるようです)

マレーシアのスーパーで買い物する際は、ノンハラルコーナーの事を知らないと、どこに行ってもビールが買えないなんて事も起こりえます。実際、マレーシアに遊びに来たお友達と家ご飯をしようとしたところ、友達からどこを探してもビールが見つからない〜と連絡が来た事がありました。かくいう私も初めてスーパーで買い物した時は、ビールを捜し求めてスーパーをぐるぐる歩き回った思い出があります。

ノンハラルコーナーは通常のスーパー内の一角にある事もあれば、少し離れた場所にある事もあるので、場所がわからない時にはお店の方に聞いてみましょう。豚肉やお酒を買うからと言って嫌な顔をされる事はないのでご安心を。また手に入りにくいという事もありません。ただ、私達もこうしたルールを理解し最低限のマナーを守る事は異国で生活する上で大切です。

最後に、もしマレー人のお友達に手土産を考える場合は、食べ物は避けた方が無難です。日本のお菓子等は人気がありますが、ハラル対応しているかが不明瞭なため、受け取った方が困惑する可能性があるからです。