マレーシアでの毎日の食事 byきょんまま

マレーシアでの毎日の食事 byきょんまま

海外で生活をする際の食事って気になりますよね。

私は少し長い旅行をしただけでも、日本食が恋しくなり、お茶漬けやうどんなどのあっさりとした日本の食事を欲してしまいます。学生など若い方はそんなことはないのかもしれませんが、、、、苦笑。実際に海外で生活を始めるまでは、海外では基本的にローカルの食事をし、時々日本食を食べる位に思っていましたが、実際に毎日の食卓に並ぶ食事は日本にいたときのそれとほとんど変わりません。私の場合子供がいるので自炊が中心なので特にかもしれませんが、大学生でコンドミニアムをシェアして住んでいる人は、ご飯だけ炊いて購入してきたおかずで自宅で食事をしている人もいるようです。

もちろん滞在する国や地域によって手に入る食材や調味料などが変わるため、状況は違ってくると思いますが、マレーシア、少なくともKLや私の住む町では、日本の調味料の充実ぶりには目を見張るものがあります。

 

例えば私の住む郊外の街のスーパーでも日本用の調味料のコーナーがこんなに充実しています。他にもスーパーの各所に日本の物を見つけることができます。もちろん価格は日本で購入するよりは高いです。

安価で比較的日本のお米に近い感じで食べられるおすすめのお米はこちらです。5㎏で1000円以下。

ちなみにこちらで日本人等がよく買い物にいくスーパーは、「Jaya Grocer(通称ジャヤグロ)」「Village Grocer(通称ビレグロ)」「Aeon(イオン)」あたりでしょうか。「TESCO(テスコ)」もありますが、あまり日本のものは置いていません。ただ、日本のネットスーパーのような宅配サービスがあるので、お水やトイレットペーパー等重いものかさばるものは宅配を利用しています。イオンは日本企業なので馴染みがあると思いますが、イオンはマレーシアで店舗数も多くとてもポピュラーです。ジャヤグロ、ビレグロは大型モールなどに入っており店舗もきれいなところが多いように思います。ジャヤグロはクアラルンプールプール国際空港(KLIA2)にも入っているため、エアアジアを利用の際は到着時出発時共に利用価値大です。

 

マレーシア留学