ケガや病気で慌てないために~海外旅行保険利用体験談~

ケガや病気で慌てないために~海外旅行保険利用体験談~

先日子供が足の指をぶつけてものすごく腫れてしまったため病院で診察を受けました。

その際、クレジットカードに付帯している海外旅行保険を利用して受診したのでその経験をシェアしたいと思います。加入している保険の種類や保険会社によって対応は違うと思うので、あくまで一つのケースとして参考程度にしてください。

  • まずは保険約款にある連絡先に電話
    マレーシアからのフリーダイヤル番号に電話し、被保険者の名前、生年月日、事象発生日とその状況、ケガの症状、現在の住まい(滞在先)、連絡先等を伝えます。今回はクレジットカードに付帯する海外旅行保険を使ったため、カード番号や有効期限、出国日、帰国予定日も確認されました(クレジットカード付帯の保険の場合、保険適用期間が出国から90日となるため)。
海外留学、マレーシア生活、海外保険

保険約款に記載の緊急連絡先


  • 折り返し電話があり、病院を案内
    保険が有効であることの確認が取れると折返し電話が来て、近くの病院を案内してくれます。または希望の病院がある場合は伝えるとそこが提携先かどうかを確認してくれます。日本語通訳の方がいる病院かどうか、いる場合通訳の方の勤務時間も教えてくれました。受診予定の日時を聞かれ(その時間までに必要書類を病院に送っておいてくれます)、病院に行く際パスポートを持参するよう指示されます。
  • 病院で実際に受診
    受付では自費診療か保険を使うか聞かれるので、保険利用かつ、すでに保険会社に連絡済みと伝えると、保険会社から既に送付された書類が出てくるので、必要事項を記載(日本語でOK)します。その後は通常通り受診、薬がある場合は薬を受取り終了。今回キャッシュレス診療が可能な提携病院を選んだので、お会計の必要がなく非常にスムーズでした。
海外留学、マレーシア生活、海外病院

一見ホテルのような外観の病院。中にはレストランやカフェ、コンビニ等があります。


今回は再診の予約があったので、2回目はどうしたらいいか再度電話で確認すると、診察の都度保険会社への連絡と書類の記載が必要とのことでした。この点は少し面倒だなと感じましたが、加入している保険によって違うようです。

 日本人通訳の依頼ですが、クアラルンプールの大きな私立病院にはたいていいるようです。今回私は日本人スタッフの電話番号が日本人向けの情報誌に記載されていたので、そこに直接連絡してお願いしましたが、わからない場合はとりあえず病院の総合窓口などに連絡するといいと思います。

海外旅行保険は最初の連絡も日本語で対応してくれるし、キャッシュレス診療は立替や会計の必要もないので非常に便利で使いやすいと感じました。近くの病院を探して紹介してくれるため、病院を探す手間がないのも助かります。また、クアラルンプールの病院は、日本人通訳のいる病院もたくさんあるし、思ったより近代的できれいで安心。今回は自分の車で病院に行きましたが、タクシー等を利用していった場合は、領収書があれば、後日交通費の請求も可能です。

病気やケガの際は、動揺したり慌ててしまいがちなので、日ごろから自分の加入している保険の内容と連絡先をしっかり事前に確認しておくことをお勧めします。