IDCJマレーシア留学プログラム

IDCJマレーシア留学プログラムWEBサイト

インターン生ブログ① はじめまして!こばりです!

初めまして!

これからIDCJマレーシア留学プログラムでインターン生としてお世話になります。

早稲田大学教育学部英語英文学科2年の、小針悠太と申します。

 

「お前は何者だ!」と言いたい方もいらっしゃると思うので(笑)

少し自己紹介を致します。

 

 

私は小学生の頃から高校卒業までラグビーをしており、大学では審判(レフリー)という立場で未だにラグビーに関わっています。

小針1  539525640.077363

 

ラグビーは英国発祥のスポーツということもあり、私ももともと海外留学というものに興味を持っていました。

しかし果たしてどんなルートで留学するのが良いのか、どのような制度があるのか、

わからないことが多く留学に踏み出せずにいました。

そんな時、知り合いの方からお誘いをいただき、私自身も留学について勉強できるいい機会と考えこのプロジェクトに関わることになりました。

先日オフィスにて、このマレーシア留学プログラムについての詳しいお話を聞いたところ、とても衝撃を受け、私もマレーシア留学してみたいと思いました!

このプログラムについてもっとたくさんの人に知ってもらいたい!と

強く感じています。

私は様々な理由で残念ながら今すぐには留学することができません。

だからこそ!

私のインターンシップ中の広報活動を通してたくさんの人がこのプログラムから留学し、たくさんの学びを得ることができるよう努めてまいります。

早速ですが、5月14日、21日の18時半から「海外留学・インターンシップセミナー」を行い、僕もお手伝いします。

セミナーの一部では世界を舞台に仕事をしているコンサルタントの方々のトークセッション&座談会があります。将来グローバルに活躍したい学生の方はぜひ参加してほしいです。

詳しくは、こちらhttps://idcj-ryugaku.com/event

 

宜しくお願いします!

IDCJマレーシア留学サポーターブログ(KDU大学日高編)~マレーシアの食事情~

こんにちは!KDU大学の日高です。

 

今回は小話を一つ。

いま住んでいるアパートの近所に日本食レストランがあるのですが、そこの生姜焼きがお気に入りです。

生姜の味が濃く、はまっています。

 

ただ気になることが一つ、、、肉が鶏肉なんですよね💦💦

なのでイメージとしては、生姜味の親子丼を食べている感覚です(笑)

生姜焼きといったら豚を想像していたので、初めて頼んだ時は驚きましたがもう慣れました。

 

先日もその生姜焼きを求めてレストランへ。

オーダーを終え、待っているとふと、

「あ、そもそもムスリムの国だから豚肉出せないのか!!

 

多文化社会。異なる背景を持つ人々が共存するマレーシアに来て以来、

マレーシアの多文化社会の面白さ、奥深さに気づかされる毎日です。

でもこれも、留学の醍醐味ですね

 

ではまた次回のブログをお楽しみに!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さんの夢をぜひマレーシアの大学で叶えませんか?

個別カウンセリングは随時受け付けています!

少しでもご興味がある方、詳しくは弊社HPをご覧ください。

 

HOME

IDCJマレーシア留学サポーターブログ(KDU大学日高編)~マレーシアの携帯事情~

こんにちは!KDU大学の日高です。

 

マレーシアの携帯事情についてご存知でしょうか?

日本では今でこそSIMフリー機種が知られていますが、マレーシアはそのSIMフリー(プリペイドSIM)が基本です。渡航前にSIMフリーにしましょう。

 

また通信費の支払いも日本と大きく違います。

日本では、最初に契約をしてそこから毎月引き落とされる、これが基本だと思います。

 

マレーシアではどうでしょう?

まずショップに行きます、SIMカードを買います、店員さんに設定を頼みます、以上。

あとは毎月忘れず通信費を払うだけ。いわゆるプリペイドSIMです。

めちゃめちゃ簡単です。窓口で料金プランがあーだこーだすることはありません。

 

えーでも毎月払わなきゃいけないのめんどくさい、と思ったそこのあなた。

支払いは各通信会社のアプリ、コンビニ等でささっとできます。

私はコンビニに買い物に行ったついでに済ませています。(厳密に言うとコンビニで購入するともらえる16桁のpinナンバーをアプリで入力するという流れ)

 

気になる方は、他にもマレーシアのプリペイドSIM事情を紹介しているブログがあるので、見てみて下さい。

 

ちなみに評判がいいのはmaxis(Hotlink)ですね。私はDigiというところを使っていてますが、特に問題はないです。

 日高さんブログ1コンビニでレジに行きます。

 私:Can I get top up? Digi

 店員:How much?

 私:30

 店員:(ピピッ、レシートが出てくる←写真参照)

 私:(30リンギ払う)

top up はパスモ、スイカでいうチャージにあたる表現です。リロードとも言うみたいですがトップアップで通じます。pin #の番号をアプリで入力したら完了です。

 

見ていただけるように、コンビニだけではなくonlineで支払うことももちろんできます。

日高さんブログ2  日高さんブログ3

分かりやすく毎月払うと説明しましたが、これはいくらtop upするかによります。

例えば、私は月5GBで30リンギのプランを利用しています、そして30リンギtop upしました→残高15リンギのアカウントが計45リンギになる。データプランの30リンギ引き落とし→残り15リンギ(現在)

これが仮に90リンギtop upしていれば3か月もつということです。

 

最後に、SIMカードを購入するときは身分証が必要なのでパスポートを忘れずに!!

 

ではまた次回のブログをお楽しみに!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さんの夢をぜひマレーシアの大学で叶えませんか?

個別カウンセリングは随時受け付けています!

少しでもご興味がある方、詳しくは弊社HPをご覧ください。

HOME

皆様のお問合せをスタッフ一同お待ちしております。

 

違いを受け入れることの大切さ!

こんにちは。IDCJマレーシア留学プログラムのCheeseです。

春休みに実施した【IDCJ短期留学プログラム@UTAR大学】に生徒さんと一緒にご参加くださった英語教師のM先生のブログをシェアさせていただきます。

違いを受け入れることは大切なこと。こんなに広い世界でさえ、自分と同じ人間は二人といない
詳しくは、先生のブログをご覧ください!

テーマは「違いを受け入れる」https://ameblo.jp/ecchigashibojo/entry-12367686780.html

 

 

IDCJマレーシア留学サポーターブログ(KDU大学日高編)~留学に役立つブログ~

こんにちは!KDU大学の日高です。

 

今回は、留学前に読むべき!!と私が思うブログをご紹介します。それがこちらの

 

 Tatsumaru Times

日高さんブログ写真

 

 

 

 

 

 

 

 

編集者は両角達平(モロズミ タツヘイ)さんという方で、スウェーデンに留学されていました。

詳しいプロフィールはブログ内にありますので、そちらをご参考ください。

 

内容はとにかく有益で役に立つものばかり!!

英語の勉強法、便利アイテム、などなど留学前から知っておいたほうが良い情報がたくさんです。

 

かく言うこの私もこのブログで知ったアプリケーションで、実際に課題の際に使っているものがあります。

(↑文献管理ソフトZotero)すごい助かっています。

この場を借りてお礼を言いたいです、両角さんありがとうございます!!

 

留学以外にも海外就職や生き方など、様々なテーマでおもしろい記事がたくさんあります。

皆さんも、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

 

ではまた次回のブログをお楽しみに!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さんの夢をぜひマレーシアの大学で叶えませんか?

個別カウンセリングは随時受け付けています!

少しでもご興味がある方、詳しくは弊社HPをご覧ください。

https://idcj-ryugaku.com/

皆様のお問合せをスタッフ一同お待ちしております。

 

IDCJマレーシア留学サポーターブログ(APU大学浜崎編)~スコール~

こんにちは!APU大学の浜崎です。

今回はマレーシアでは、いや東南アジアでは日常茶飯事であるスコールについてです!

 

ゲリラ豪雨という言葉があるように、日本でも夏、局地的に短い時間でバケツをひっくり返したような大雨が降ることはありますよね。東南アジアなど一年を通して気温が高い地域ではそれが毎日のように起こります。

 

例によってマレーシアでもここ最近は二日に一度は雷を伴った大雨、すなわちスコールが物凄い音を響かせやってきてすぐに帰っていきます。

 

それにも関わらず雨季と呼ばれる時期があり、その時はほぼ100パーセントの確立で夕方はスコールです。

雨季のマレーシアでは天気予報などいらないだろうと思ってしまうのが正直なところです。

 

さて、ぽかぽかした春を満喫しているであろう皆さんに、ほんの少しスコールを体験してもらいたいと思います!

 

まず、風が吹き始め雲の動きが早くなってきたらそれが始まりの合図です!

ゴロゴロと遠くのほうから聞こえてきたら最後、その数分後にこの状態になります。

手前が窓なので分かりづらいかもしれませんが、窓を開けてもこの写真と同じように雨で全てが灰色に見えます。

浜崎さんブログ写真1

光ると同時に雷の音が響き振動も伝わってきます。

また雨が地面や建物をたたきつける音も騒がしさを際立てます。

この状態がこの時は20分ほど続きました。もちろんこの間外を歩く人は余程のことがない限りいません。

 

浜崎さんブログ写真2

そして、徐々に音も小さくなっていきます。

景色も少し認識できるようになってきました。もう少しの辛抱です。

 

浜崎さんブログ写真3

雨が降り始めて30分ほど経ち、やっと全てが終わります。

 

大変な出来事が起こってもすぐに良くなるよ、とスコールは僕たちに語り掛けているのでしょうか。

初めの写真と三枚目の写真はカメラの位置や設定は全く変えていないので、これらからスコールの威力が皆さんに伝わっていればと思います。

 

マレーシア留学にあたりスコールは避けては通れません。

なので、この気候からマレーシアに来たなと感じてもらい、また楽しんでもらえたらと思います!

そして一つアドバイスできることは傘はいらないということです!傘をさしてもずぶ濡れです。

 

ではまた次回のブログでお会いしましょう!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さんの夢をぜひマレーシアの大学で叶えませんか?

個別カウンセリングは随時受け付けています!

少しでもご興味がある方、詳しくは弊社HPをご覧ください。

https://idcj-ryugaku.com/

 

2018年春休み短期留学プログラム@UTAR大学 TOPクラスの大学で学ぶ8泊10日!【ツアーレポート現地校訪問特別編】

こんにちは、イエティです!

 

春休み短期留学プログラムレポート現地校訪問特別編をお届けします。

 

先週3月29日(木)にYuk Choy High School という中華系の中高一貫校を訪問しました。

現地校訪問では、現地の生徒たちと、日本の生徒たちがワークショップをし、お互いの文化について紹介し合うということになっていました。

 

このワークショップを成功させるために、生徒たちは、事前オリエンテーションから

何をするかをグループで考えて準備を進めてきたのです。

前々日、前日と現地でも準備の時間を設け、作業と練習をしました。

他のグループや先生達からダメだしが入ったこともありました。

これは「自己満足」でやるんじゃない、相手にどうやったら喜んでもらえるか、楽しんでもらえるかを自分たちで考えながらやろうと。

 

そして、ドキドキしながら迎えた当日。

 

学校に到着すると、まず現地の生徒さん、先生方がとっても暖かく私たちを迎えてくれました。

IMG_3246

IMG_3247

 

その後、挨拶を終え、写真撮影をし、いよいよワークショップです。

IMG_2712

 

 

Aグループ:若者が使う日本語を日本の遊びを交えて紹介

福笑いの紹介では実際に現地学生に参加してもらって、大盛り上がり!

カジュアルな若者言葉を楽しく学べました。

IMG_3254

 

Bグループ:ガチャガチャと折り紙の紹介

かわいい折り紙のチャームと家でも折り紙を折れるようにとセットで準備したプレゼント、喜んでもらえましたね。

IMG_3256

 

Cグループ:鶴にまつわること(鶴の恩返し、折り紙など)を紹介

鶴の恩返しの朗読、現地の学生さんも、大きな声で参加してくれましたね。

IMG_3250

 

Dグループ:日本の漢字と中国の漢字を比較して紹介

実際に習字をして、漢字を比較!同じ漢字でもこんなに違う、おもしろい発見ができました。

IMG_2758

 

私たちの心配をよそに、現地の学生さんたちも、自分たちも楽しみながらワークショップをしていました!

一生懸命、相手のことを思って試行錯誤しながら準備してきた成果ですね。

 

現地の学生さん達からも色んな文化を教えてもらいました。

みんな異文化の遊びに興味深々、夢中でした~!

IMG_2729

IMG_3249

 

 

ワークショップの後は、マレーシアの歌「Rasa Sayang」を教えてもらい、みんなで一緒に歌いました!

IMG_2796

 

 

その他にも、こんな素敵な展示、食事も用意してくれていました!

IMG_3259

IMG_3258

IMG_3257

 

素敵なおもてなしに感謝の気持ちを込めておみやげを渡し、

生徒同士和気あいあいと写真を撮っていました。

IMG_2806

IMG_2812

IMG_2802

IMG_2808

 

 

そうこうする内にあっというまにお別れの時間。

IMG_2824

IMG_3262

 

 

 

 

ある生徒が帰り際に「〇〇に日本語を教えたよ、嬉しかった!」と本当に嬉しそうに話してくれました。自分の文化を相手に知ってもらうことで心が近くなる気がしますよね。

相手の文化を理解したら、相手もそんな気持ちにきっとなるはずです。

 

この日の夜、「声が小さい」と言われていた生徒が自ら、どれだけ声が出ていたか確認したいから動画がほしいと言ってきてくれました。

ワークショップが終ったら終わりではなく、自分自身で振返って次に活かすこと、そんなこともできるようになっていました。

 

生徒たちの頑張りに感動するばかりでした。

本当にここまで準備を頑張った生徒に拍手ですね!!!!!

そして、暖かなおもてなしをしてくれた現地校のみなさんに感謝、感謝の1日でした。

2018年春休み短期留学プログラム@UTAR大学 TOPクラスの大学で学ぶ8泊10日!【ツアーレポート⑨】

こんにちは!CHEESEです。

本日、朝7時半ごろ29名全員が元気に帰国しました!

昨日9日目から帰国までの様子をレポートします。

前日はパンコールアイランドツアーでクタクタに疲れていたにもかかわらず、最後の夜ということで、みんなCHEESEのアドバイスを聞かずに夜更かししていたようです、、、12時を回るころに慌ててパッキングしていた生徒もチラホラ、、、

2018_03_31_314

4月1日(エイプリルフール)、朝8時過ぎに全員がチェックテストを済ませ、KLに向かって出発のはずが、、、なんだかバスがおかしい、、、

バスのエアコンが利かないのでは???これからKLまでの3.5時間をエアコンなしでは耐えられません!

バスのドライバーさんに尋ねると、すでに朝から異変に気付き、違うバスとドライバーを手配していたとのこと。機転が利くドライバーさんです。

2018_03_31_434

↑初日からずっとお世話になったドライバーさんと奥様

新しいバスが到着するまで、近くのマックで「朝マック!」

2018_03_31_318 2018_03_31_406 2018_03_31_320

代わりのバスが到着すると、この日一緒にKLまで同行してくれたUTAR大学のヘルパーたち7名がすぐさま荷物の入れ替えを汗だくになってしてくれました。
90分も遅れての出発でしたが、これも旅の思い出です!

2018_03_31_437 2018_03_31_431

予定していたスケジュールから変更して、KLCCに直行することになりました。

2018_03_31_4442018_03_31_409

大都会KLの中でも、あの有名なツインタワーのあるKLCCで2時間半、自由時間としてグループに分かれてUTARのヘルパー学生と一緒にランチ&ショッピングを楽しみました。
2018_03_31_337 2018_03_31_338 2018_03_31_339

その後、IDCJの先輩も沢山学んでいるアジアパシフィック大学(APU)を訪問し、UTAR大学とは違うマレーシアの大学を見学しました。

2018_03_31_415 2018_03_31_412 2018_03_31_347 2018_03_31_257

IDCJから留学し、今はAPUのツアリズムマネージメント学部2年生の岩根さんから「マレーシアの大学を選んだ理由、そして今ここで学んでよかったこと」などをお話ししてもらいました。

2018_03_31_264 2018_03_31_261

高校生からは「授業はすべて英語ですよね?わからない時はどうしているんですか?」

「テストはどんな形式ですか?」「友達はどんな国の人がいますか?」などなど様々な質問を岩根さんにしていました。

APU訪問の後は、帰国のため空港に向かうことに、、、

2018_03_31_422 2018_03_31_418 2018_03_31_388 2018_03_31_382 2018_03_31_374

チェクインまでUTARのヘルパー学生がサポートしてくれ、最後にお別れの挨拶をしました。全員が涙をこらえ(切れずに泣いていた生徒も沢山いました)感謝の気持ちを精一杯伝えていたようです。

あっという間の10日間であり、振り返ってみるとあまりにたくさんの経験をしたので1か月ぐらい一緒にいたような気もします。

3月24日に成田を出発した際には、初めて会うメンバーとこれから仲良く行動できるのか?マレーシアで様々な課題に取り組めるのか?不安でいっぱいだったと思います。

しかしこの10日間で全員が自己成長を実感できたと思います。

ある生徒は、ドアを開けて建物に入る際に、必ず先に走ってドアを抑えて全員を中に入れてくれました。ある生徒は、一人でご飯を食べている仲間がいたらすぐに席を移動して一緒に食べていました。ある生徒は仲間がよいことをすると恥ずかしがらずにどんどん褒めてcheer upしていました。

12歳から17歳まで、東京、神奈川、愛知、奈良、大阪、、、年齢も住んでいるところも異なる19人が一つになれたこと、素晴らしいです。

このプログラムで得た学び、気付きをこれからのチャレンジに活かしてもらいたいです。

そして、またみんなでマレーシアに行きたいです!

待ってます。

次回は、8月1日から8泊10日で夏のプログラムを予定しています。

 

 

IDCJマレーシア留学サポーターブログ(KDU大学日高編)~現地の買い物事情~

こんにちは!KDU大学の日高です。

 

留学するにあたり、日本で何もかも全てを準備しなくても、現地でそろえられる物は多いです。

なぜなら日本企業がたくさんあるから!慣れ親しんだものが欲しい場合も、心配ありません。

 

クアラルンプールには衣服類のユニクロ、H&Mがありますね。

持っていく荷物は最低限にして、現地でそろえるのも一つの手です。

 

また飲食系では吉野家、銀だこなど親しみのある店がいくつか進出しています。

現地の食事もいいですが、たまには日本の味も楽しみたいですよね。

 

ちなみに「イオン」は「エイオン」とこちらでは発音するようです。

たしかに、AEONなのでわかるはわかるんですが、個人的にイオンはイオンです(笑)

エイオンはしっくりきません(笑)

日高さんブログ写真1

イオンはクアラルンプールに、こんなにたくさん店舗があるので、とっても便利です。

日本から持ってくるのを忘れても、現地で買うことができるので安心です。

 

ではまた次回のブログをお楽しみに!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

皆さんの夢をぜひマレーシアの大学で叶えませんか?

個別カウンセリングは随時受け付けています!

少しでもご興味がある方、詳しくは弊社HPをご覧ください。

https://idcj-ryugaku.com/

皆様のお問合せをスタッフ一同お待ちしております。

2018年春休み短期留学プログラム@UTAR大学 TOPクラスの大学で学ぶ8泊10日!【ツアーレポート⑧】

こんにちは、イエティです!春休み短期留学プログラム8日目のレポートをお届けします。

 

今日は待ちに待った、Pangkor Island でのシュノーケリング!

朝、少し早めにバスに乗り込み、向かいます。

バスの中では、優しいドライバーさんが音楽を流してくれて気分は絶好調~

バスから降りたら今度は船に乗り換えて島に向かいます!

IMG_3155

IMG_3073

 

10分ほどで島に到着~!

IMG_3150

IMG_3149

IMG_3086

 

その後バンに乗り込み目的地まで向かいます。

 

到着したら、まずはランチを食べて腹ごしらえです!

IMG_3147

IMG_3087

 

そしてそして、念願の海!!!シュノーケリング!!

IMG_3096

IMG_3092

 

小さいボートにのって、4つのビーチと2つの島を教えてもらいながら、シュノーケリングスポットに連れていってもらいました。

このボートがまた、爽快で気持ちいこと!

生徒も大はしゃぎでした!

IMG_3103

IMG_3152

IMG_3151

 

そうこうしているうちに、シュノーケリングスポットに到着です!

インストラクターさんにシュノーケリングの仕方を

レクチャーしてもらって、いよいよ海へ~!

IMG_3115

IMG_3118

 

みんなすぐに習得して、スイスイ泳いでいました!

色んな魚もいましたね~!

IMG_3123

IMG_3119

IMG_3131

 

この後何人かの生徒はバナナボートにもチャレンジしていました。

IMG_3154

 

海から上がり、ビーチの側でちょっとお買い物をして、また船で戻ります。

ここで売っていた名物のバナナパンケーキ!これが美味でした~!

IMG_3142

 

よく遊んだ後は、AEONで晩御飯&ショッピングです。

今日もグループで自分たちの食べたいレストランに行き、各自でご飯を食べました。

本当によく遊んで、みんな大満足の1日でした。

 

明日はもう、日本に帰る日です。

本当にあっという間ですね、、、!

最終日も楽しんで、一回り成長したみんなと無事に帰国したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 1912345...10...最後 »

マレーシア留学に関する相談・お問合せはこちらへ

TEL 03-3718-5932

株式会社 国際開発センター マレーシア留学サポート室

Mail
Pagetop